人気ブログランキング |

わたしのmemo

harukaka.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 31日

大晦日

e0112451_19481115.jpg


今年一年を振り返ると、とってもあっという間でした。
このあっという間かげんが、年々増している気がします^^

今年は、考えなくてはいけないことがあり
とても悩んだこともあったけど
きちんと向き合って先のことを見据えて日々を過ごしたことも
ありました。

娘は27日~扁桃腺が腫れてお熱でダウンでしたが
一昨日から平熱に戻り
おうちでのんびり過ごしています。



来年は娘が小学生になり、また新たな世界が広がります。
クリスマス近くに、ずーっと待っていたランドセルが届いて
めちゃくちゃ喜んでいました☆

このブログものんびり更新ですが
日々の記録として残していきたいなと思っています。

娘と重ねた手。
手を離さずから目を離さずに移行しつつあります。

今年もありがとうございました☆

よいお年を!

by haruharuao | 2012-12-31 19:49 | もろもろ
2012年 12月 23日

マリメッコ

e0112451_942598.jpg

レンジ台の目隠しをマリメッコの生地で作りました☆

オーブントースターと炊飯器が収納されているのですが、
見た目的にいまいちで、ずーっとなんとかしなくちゃ!って思っていて
やっと作りました。

マリメッコの生地は、とっても華やかでかわいくって
一気にキッチンが明るくなりました☆

by haruharuao | 2012-12-23 09:03 | もろもろ
2012年 12月 12日

発表会 

e0112451_15204924.jpg

娘の幼稚園の発表会がありました。

合奏は、Moon River と  In The Mood

難しい曲なのに、リズムにのりメロディオンで上手に
演奏することが出来ました☆

合唱は、怪獣のバラード


娘のクラスは、言語劇で 竹取物語をやりました。

娘は、かぐや姫の役。
長いセリフも気持ちを込めて練習してきただけあり
最後の月へ帰るシーンでは、おじいさんとおばあさんに
「たいせつにそだててくださりありがとうございました。」
「さよなら~ さよなら~」のセリフは
本当に泣けちゃいました><

音楽もとても場面ごとに合っていて、
ステキでした。

本当によくがんばりました☆

幼稚園最後の発表会、大きな舞台でどの子も
キラキラ輝いていて、クラスみんなで
劇を作り上げた!っていう達成感を得たように思います。

by haruharuao | 2012-12-12 14:50 | 娘のこと
2012年 12月 01日

娘の習い事

e0112451_1549518.jpg

幼稚園に入園した頃は、園生活に慣れたり
お友達との時間を過ごすために習い事は控えていました。

年中さんになり、そろそろ習い事を始めようと思い
娘に聞いたらピアノをやりたいと言うことで個人のピアノ教室を
探して昨年の10月~レッスンに通っています。

娘のお友達達は、ヤマハやスズキに通っている子が多くって
個人のピアノ教室を探すのはちょっと大変でした><
結局、幼稚園のお友達ママの紹介で見つかり
楽しくレッスンに通っています。
(看板を掲げていないので、完全に紹介みたいです)


あと、もうひとつの習い事は「公文」です。

娘の園は、プリントを行う時間があり
年少さんの頃からプリントが大好きでした。

オットの知人が公文の先生をしていて、たまたま娘の事を話したら
公文のプリントをくださり
娘は「このプリントたのしい!」とノリノリでした^^
ちょうど体験をやっていたこともあり、早速体験教室へ!

4回の体験教室後、先生に「くもん やります」と自分でお話をしたようで
自ら決めちゃいました。

入会してちょうど1年ですが、週2日通い 毎日の宿題 国語のプリント5枚・算数のプリント10枚
自分で進んでやっています。

出来ないと悔しがったり、すごい頑張りすぎてしまうことがある娘の性格をよく理解してくださる先生で
「頑張りすぎないで良いよ。心も身体も休めてね」と
温かい言葉を掛けてくださいます。

毎日のプリントは、まだ入学前の子どもには時として負担になってしまうと
思うことがありますが、私から「宿題はやったの?」って声掛けをしないで
自分でドンドン進めていく娘は親の私から見ても本当に頑張っています。

先生からたーくさん褒めていただき、私やオットからも
たーくさん褒めて・・そうやって自信をつけて成長していくのだと思います。


小学校に入学すると、お友達関係で戸惑ったりとお勉強以外にも
色々と出てくると思います。

でも、「分かる」「知っている」「出来る」ということは、新しい環境に
出ていくときに、大きな自信になるので
娘にとっては、公文をやって良かったと思っています。


ピアノも公文も、宿題は本人に任せて
私は横で見ているだけに徹しています。
困ったことがあれば、声掛けをしていくというスタンスで・・・

私は幼稚園生の頃は、バレエと幼児教室に通っていました。
性格も娘とは真逆な感じの子どもだったので、
自分で習い事を選び決めるということはありませんでした。
だから、自分の子どもはなるべく習い事は自分で選択していく感じに
導いています。

by haruharuao | 2012-12-01 15:49 | 娘のこと